不動産投資はミドルリスク・ミドルリターン

株式投資はリスクが高いと言われています。
確かに株式は、時期によって大幅に値段が変わります。
上下幅が大きいので、リスクが高いわけです。
債券はリスクが低いと言われています。
外国債券なら為替リスクがありますが、債券は原則として元本保証の商品です。
日本国債なら、満期になると元本のすべてを返してもらえます。
つまり、基本的に損はしないということです。
利息分のリターンを確実に期待できます。
ただし、市場で取引する場合にはもちろん価格変動リスクに晒されます。
しかし、それでも低リスクなことに変わりはありません。
不動産投資は、株と債券のちょうど中間に存在していると考えていいでしょう。
ミドルリスク・ミドルリターン商品の代表例が、REITだと言われています。
株式と違って、大幅に値段を上げ下げすることはありません。
なぜなら、債券的な性格も併せ持っているからです。
家賃収入に期待をする投資手法なので、インカムゲインを目当てに買います。
その点で、債券と似た性質を持っているわけです。

会議や研修のための貸し会議室を東京でご紹介
交通アクセスも良く、ホテルと併設している貸し会議室をご提案させていただきます。

神戸でお得にお部屋探し
住みやすいマンスリーマンションをご紹介

賃貸ショップ

http://www.000area-weekly.com/nagoya/

旅行の宿泊に便利なマンション
最短4日間から利用が可能なマンション物件